伝票印刷の加工オプション

伝票加工の種類

伝票印刷にはお客様が使いやすいようにオプションで加工する部分がございます。

加工の種類には、減感印刷・穴あけ・切り取りミシン・通しナンバー・下敷き等が有り、いずれの加工も専用の設備で高品質に仕上げることができます。

伝票の加工に関して分からないことがございましたら、
お電話024-905-4861(8:30~18:30)までお気軽にご相談下さい。

区切り

減感印刷(複写防止加工)

複写式伝票の多くに仕様されているノーカーボン紙は紙面全体が複写の範囲になります。
伝票の中に複写させたくない部分がある場合、減感インクという無色な特殊インクをその部分に印刷することで、上下の反応が抑制され複写されないようにいたします。
この工程を減感印刷といい、ノーカーボン紙複写式伝票の一部を複写できないようにするための印刷加工です。

例えば納品書などの3枚複写伝票で3枚目の受領書に金額が複写されないようにするには、その部分に減感印刷をして、部分的に複写できないようにいたします。

減感印刷見本

減感印刷は減感インクが薄いと書いた文字が写ってしまったり、逆に濃い場合は指示以外の部分が写らなくなることがあり、加工には熟練した技術力が必要です。

区切り

穴あけ(パンチ穴・ドンコ穴)

パンチ穴・ドンコ穴見本

伝票の穴あけ加工には、主に1穴・2穴(パンチ穴)・4穴・26穴(ドンコ穴)・30穴(ドンコ穴)の種類があります。
また、伝票のサイズによって穴の数が変わる場合があります。
一つの穴の直径は、5㎜と6㎜がございます。

区切り

切り取りミシン

切り取りミシン見本

伝票を手で切り離せるように細かい破線の切り込みを入れます。
切り取りミシンは繊細なマイクロミシンなので、簡単綺麗に手で切り離すことができます。
複写の2枚目以降に切り取りミシンを入れることが多いです。

区切り

通しナンバー(ナンバリング)

ナンバリング見本

本体の印刷と同時にナンバリングで通しナンバーを印刷することができます。
通しナンバーを入れることにより、伝票の管理が容易になります。
通常のナンバーは6桁になります。

区切り

巻き下敷き

巻き下敷き見本

巻き下敷きは伝票と下敷きがセットになっているもので、冊子にした複写式伝票に付けるものです。
伝票1冊ごとに裏表紙の部分に折り返し厚板紙を綴じて、折り込んで使用します。
伝票と同じサイズでセットになっていますので使いやすく、下敷きを探す手間がございません。

区切り

加工付伝票のお見積り

お見積りフォームでは、複雑な伝票の加工が簡単に選択できるようになっていますので、初めての方でもお気軽にお問い合せ下さい。

電話:024-905-4861

※フォームでのお見積りは24時間いつでも受け付けております。
※お電話では8時30分~18時30分までご対応しております。

ページの先頭へ